宅ふぁいる便の無料サービスを追っかけます

宅ふぁいる便ってとても便利です。ちょっとここらで活用してみませんか?

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィス宅ふぁいる便の便利な機能

オフィス宅ふぁいる便には、宅ふぁいる便公開版にはない便利な機能がついています。

■ユーザー管理機能

オフィス宅ふぁいる便の社内管理者が自由にユーザーIDを登録したり、編集・削除ができます。導入の際に管理者がユーザー登録をする必要があります。

■送受信履歴管理機能

オフィス宅ふぁいる便の管理者は、管理画面で社員などの全ユーザーの送受信履歴を管理ができます。ユーザーがどのアドレスにどんなファイルを送ったかをチェックできる機能です。

■送信範囲限定機能

オフィス宅ふぁいる便に登録したドメインではないメールアドレス同士でのファイル送受信ができない機能です。これによって、送受信者が特定できないファイルのやり取りを防ぐことができます。

■基本パラメータ設定機能

オフィス宅ふぁいる便で送信できるファイルサイズや同時に送信できるファイル数、同時に送信できる送信先数、ファイルの保存期間、ダウンロード回数の上限値を管理画面で簡単・自由に変更可能です。

宅ふぁいる便公開版では、50MBまでのファイルサイズという制限があり、ファイルの保存期間は72時間、ダウンロード回数の上限は5回ですが、それらの設定が自由にできるのもオフィス宅ふぁいる便の良さですね。

スポンサーサイト

宅ふぁいる便 東京ガスではなく大阪ガスが開発した経緯

宅ふぁいる便が開発された背景には、大阪ガス社内でのファイル受け渡しに関するニーズがありました。

大阪ガス株式会社の研究所や技術系部署から「大容量のファイルをインターネット上で安全確実にやりとりできることはできないでしょうか」という声が多数上がり、従来の手渡しやメール添付でのやり方に替わるシステムを開発することになったのです。

東京ガスと大阪ガスは業務的にほとんど同じなので、東京ガス内でも同じようなニーズはあったでしょうが、それに対しての声を上げなかったのかそれほど必要性が無かったのかはわかりません。

宅ふぁいる便のシステムはいろいろな仕組みを参考としながら試行錯誤したそうです。
従来のFTP方式ではセキュリティ的にもいろいろと問題があり、メール添付方式では容量の問題やファイル開封の有無などが確認できないなどがあって、全く違うシステムでファイル交換をする必要がありました。

結果的に宅ふぁいる便は、グリーティングカードをやりとりする仕組みを参考にして完成し、大阪ガス社内専用に利用されました。
その後評判となり、一般公開ということになったのです。
今では東京ガスの社員も利用しているでしょうね。


宅ふぁいる便と東京ガスの関係

大容量ファイル受け渡しサービスの宅ふぁいる便は、大阪ガスグループのエルネットが提供しているサービスです。
しばしば東京ガスのサービスと思われたりしますが、東京ガスとは関係ありません。
宅ふぁいる便の親会社大阪ガスと東京ガスには特別に資本関係などはありませんが、中京エリアの東邦ガスを加えた大手3社でガス販売の80%以上を占めているという状況なので、ガス機器やその他システムを共同開発するといった協力関係はありますね。

宅ふぁいる便の親会社大阪ガスと東京ガスには、ガスの供給エリアがバッティングしないので、ライバル企業のようですが足を引っ張り合うことはありません。
ただ、宅ふぁいる便のようなサービスが全国的に知名度が上がると、東京ガスにとってはちょっと悔しい部分があるかもしれません。

大阪ガスにとっては、社内での業務に便利なように作ったシステムが評判になって宅ふぁいる便として一般公開されたわけで、全くガスとは関係ない事業が広まるとは思っていなかったでしょう。


宅ふぁいる便は東京ガスではありません

大容量ファイル受け渡しサービスの宅ふぁいる便は、東京ガスグループの会社が運営していると思っている方も多いようですが、実は東京ガスではなく、大阪ガスグループのエルネットが提供しているサービスなのです。

なぜ東京ガスのサービスだと思われたのかはわかりませんが、ガスのサービスだと地域密着型なので、大阪なら大阪ガス、東京なら東京ガスだとわかりやすいはず。
でも宅ふぁいる便のようにインターネットで全国利用ができるサービスは、関東エリアのユーザーが一番多いので、「ガス会社がやっているサービスだって」「ああ、東京ガスなんだ!」という感じでいつの間にか東京ガスのサービスと思われるようになったのかもしれません。

東京ガスには大阪ガス以上にたくさんの関連会社があり、オーストラリアなどの海外にも複数の関連会社を持っています。

ただ、宅ふぁいる便のようなインターネット関連の事業は東京ガスのサイトを見ても載っていません。
東京ガスにもIT系企業はありますが、企業向けのサービスを行う会社で、一般ユーザー向けの事業ではないようです。
東京ガスでも宅ふぁいる便のようなサービスがあるといいですね。

エルネットの宅ふぁいる便モバイルとは?

エルネットが提供する大容量ファイル送受信サービスの宅ふぁいる便には、宅ふぁいる便モバイルという携帯サイトがあります。

エルネットの宅ふぁいる便モバイルでも大容量のファイルを送ったりできるのかと思ったのですが、このサイトではそういった機能はありません。

パソコンで送るのも大変な大容量ファイルが携帯で送れるはずはありませんよね。考えればわかりそうなことですが、ちょっと期待してしまいました。

それでは、エルネットの宅ふぁいる便モバイルで何ができるかと言うと、サイトにその答えが書いてあったので引用します。

「宅ふぁいる便モバイルは、いつでも気軽にというケータイのメリットと、『ビジネスシーンにインターネットを駆使した実用サービスを』という『宅ふぁいる便』が融合した強力モバイルメディアです。ケータイをてにしたちょっとした瞬間にお楽しみください。」

これを読んだだけでは何ができるかわかりませんが、「何ができるのか?」というQ&Aを押すとこの文章にたどり着きます。

エルネットの宅ふぁいる便は携帯に通知メールを送る機能がありますが、宅ふぁいる便モバイルのサイトには関係ありません。

宅ふぁいる便モバイルは、ファイル送信ではなく、エルネットの宅ふぁいる便会員がちょっと息抜きに楽しむ携帯サイトなのです。

 | ホーム |  »

FC2Ad

バドミントン スッポン美容健康食品

 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。